ポメラニアン お手入れ

ポメラニアンのお手入れの仕方

ポメラニアンのお手入れの仕方についてご紹介します。

 

お手入れの中でも特に大事なのが、ブラッシングです。

 

 

○ブラッシングの効果

 

・毛の汚れを落とす
・皮膚の新陳代謝の促進
・皮膚と筋肉の血行を良くする
・皮膚病の予防
・飼い主とのコミュニケーション
などが挙げられます。

 

 

○ブラシの種類

 

毛が短いワンちゃんは、ナイロンブラシが良いと言われているのですが、
ポメラニアンは毛が長いため、
ピンブラシがオススメです。

 

 

○ブラッシングのやり方

 

・ブラシを皮膚に垂直に当てます。
・根元から毛先に向けて動かします。
・ブラシはおしりの方から頭に向かって動かします。(毛の流れとは逆に)
・毛の流れとは逆になっている毛を元に戻すようにコーミングします。
・毛玉やほつれをチェックします。

 

 

○静電気対策

 

冬は特に静電気がひどくなるので、
ホコリがついたり、毛玉や切れ毛、
フケの原因になったりします。

 

静電気防止スプレーなどを使いながらブラッシングすると良いですよ。

 

 

○ブラッシングの頻度

 

できれば毎日ブラッシングはした方がよいでしょう。
なぜなら、抜け毛が多いワンちゃんなので、
ブラッシングを怠ると部屋が毛だらけになってしまうからです。

 

我が家はポメラニアンが2匹いるので、
余計に毛がたくさん落ちてしまいます。

 

毎日が難しい場合は、1週間に3日は
ブラッシングをしてあげてください。

 

ポメラニアンに限らず、
ワンちゃんはブラッシングが苦手な子が多いです。
ですから、ブラッシングは子犬の時から慣れさせるのが
一番良いとされています。

 

もし、すでに成犬でブラッシングを嫌がる場合は、
短時間で済ましてしまい、終わったらご褒美をあげる…を繰り返し、
徐々に時間を長くしてあげるとブラッシングがしやすくなりますよ。

 

 

また、ポメラニアンのカットについてですが、
素人がするのは非常に難しいです。

 

毛が長いので表面がボコボコになりやすく、
なかなかきれいにカットできません。

 

短く切りすぎると、皮膚病の原因にもなるので、
信頼できるペットサロンでカットすることをおすすめします。

 

 

サイトTOPページへ

 

 

関連ページ

アレルギーがあってもポメラニアンは飼える?
愛犬のポメラニアンにはどんなご飯をあげたら良いのか迷っている方は必見!カナガンドッグフードがポメラニアンにオススメな理由とは?カナガンの販売店情報なども紹介しています。